顧客を乗せたい?二種免許を取ってドライバーになろう!


業として人を乗せて運転するには二種免許が必要

顧客を乗せて運転したいというのはタクシードライバーやバスドライバーをイメージしている人がよく持っている仕事への希望です。ただ、一種免許では業として人を乗せて運転することはできません。タクシードライバーやバスドライバーとして働きたい場合には二種免許を取得することが必要です。二種免許を取る一般的な方法は教習所に通って教習を受けて、試験に合格して取得するというものです。法律によって二種免許の取得が義務付けられているので、人を乗せて運転するのを仕事にしたいなら取得を目指しましょう。ただし、今すぐに教習所に行く必要はないかもしれません。先にドライバー求人を見てみて要件になっているかどうかを確認しましょう。

ドライバーになってから二種免許を取れることもある

実際にドライバー求人を見てみると、特に二種免許が要求されていないことがよくあります。一種免許を持っているのは要件になっているのがほとんどで、バスドライバーの場合には大型免許や中型免許を要求していることもあるでしょう。タクシードライバーなら一種普通免許があるだけで良いという場合が大半を占めています。これは会社側の意向として、採用してから現場に出るまでに教習所で取得させようとしていることを意味します。バスでもタクシーでも最初は地理研修などを実施して知識を詰め込まなければなりません。その期間に並行して教習を受けて二種免許を取得できれば問題はないでしょう。このようなスタンスの求人が多いのは覚えておくと良いポイントです。

愛知のドライバーの求人情報は名古屋市など、都市部にたくさん溢れていて、引く手あまたの状態と言えます。