外資系企業への転職を考えた際に知っておきたいメリット・デメリット


外資系企業で働くメリットとは?

現代のグローバル社会の中では、日本国内において外資系企業の存在は珍しくないものになりました。そんな外資系企業で自分の力を試したい、より良い環境を求めたいという人も少なくないのではないでしょうか。外資系企業で働く最大のメリットは、成果主義体質であるという点です。年齢やキャリアに関係なく、結果を出せば出すほど好待遇が得られるというのが外資系企業の最大の特徴の1つです。

他にも、外資系企業以外では経験出来ない事を経験出来るという点です。語学的なことはもちろん、外国の人の考え方や独自の風習を学ぶことで自分の見識を深められる可能性もあります。さらに仕事とプライベートのオンオフがはっきりしているなど、職場環境面でのメリットも多いです。

メリットばかりではない?外資系企業のデメリットは?

そんな働くメリットがたくさんの外資系企業ですが、その反面デメリットというのも存在します。先述の成果主義体質は、裏を返せばある程度結果を出し続けなければいけないという側面もあるのです。昇給するのも早いですが、降格するのも早いという傾向があるため、昇給したからといって油断出来ない環境にあります。また、人の入れ替えが激しい傾向にあるという点にも注意が必要です。信頼関係を築いてきた上司や部下が突然辞めてしまう事も珍しくないようです。

日本企業のように福利厚生が手厚くないという事もデメリットの1つであると言えます。中には福利厚生そのものが無いという企業もあるため、特に家庭を持つ人にとってはこの点をよく考慮の上で転職するかどうかを決める必要があります。

外資系求人は、その名の通り外資の会社の求人になるので、日本語以外の外国語が話せる事が就職に有利になります。