入社までに確認して、ブラック工場求人を見分けよう。


すぐに入社できてしまう??

求人がよく出るということは、従業員がすぐ辞めてしまうために人員が不足します。このような背景からブラック工場では四六時中求人が出ている事になります。ネットなどで求人を検索していると、いつも求人が出ていると感じたら気を付けた方がよいかもしれません。またブラック工場では、引き継ぎなどしてきちんと辞める人が少ないために緊急に人材が必要になります。この求人票はよく出ていて急募していてる、しかも求人数が多いと感じたら要注意しましょう。

学歴や経歴や資格など必要とされないことが多いですので、簡単に入社できるパターンが多いです。求職者をふるいにかけて選考している時間がないので入社のハードルは低く設定されています。選考基準はいたってシンプルでうちの会社で耐えれるかどうかという基準です。面接の際や入社時までに「やる気」「気合」「忍耐」というキーワードがよく出てきたら、冷静になりじっくり考えてみることをお勧めします。

上司、幹部の指示は絶対??

ブラック工場では、体育会系が多く上下関係が絶対の風潮があります。そのような風潮が蔓延しているために、常識を逸脱した理不尽な事が日常的に行われます。よく見かけられるのが長時間労働や休日出勤などで、違法な事も暗黙の了解で発生します。少しでも意見を言うと「根性がない、やる気がない」というあいまいな表現で抑え込まれてしまいます。パワハラ、モラハラが社会問題になっていますが、ブラック工場ではまかり通ってしまうという厳しい現状があります。まずは求人票や面接の時などに、アンテナをはり警戒することが大事になってくるかもしれません。

utエイムの求人情報なら