秘書の派遣を目指す時のメリットは何があるのか?


正社員よりも採用されやすい

秘書の派遣を目指す場合のメリットには何があるのかについてお話します。まずは、正社員よりも採用されやすいです。派遣社員は非正規社員であり、正社員よりも待遇面で劣っている事が多いです。さらに、期間限定で働く事になるので、臨時社員みたいなものです。その影響で、待遇が良くて長く勤務することが多い正社員よりも、採用基準が甘くなっています。なかなか正社員の秘書の求人に採用されない場合は、一度正社員を諦めて派遣社員の秘書を目指します。

ただ、派遣の求人でも場合によっては競争率が高くなっている事があります。そこで、秘書検定や簿記検定など少しでも採用試験で有利になるような資格を取得しておく事は重要と言えます。派遣だから簡単に採用されるとは考えない事が大事ですよね。

秘書としての経験を積みやすい

派遣の秘書として働く事は、秘書としての経験が積みやすいメリットがあります。派遣社員の場合は、契約期間が決められていて、契約が満了するとまた他の求人に応募する必要があります。つまり、短期間でいくつもの会社の秘書として働ける可能性があり、秘書として活躍するための貴重な経験を多く体験出来るという事です。秘書は、基本的に一人の上司のフォロー役になり、さまざまな上司の下で働く事によって上司が秘書に何を求めているのかを次第に理解出来ます。

しっかりと秘書の経験を積むことが出来れば、正社員としても十分活躍出来るだけの秘書のスキルが身に付いて、あなたの秘書人生において大きなプラスになります。

秘書の派遣は、会長や社長などの企業の重役をサポートします。その際に書籍などでは学ぶことができない様な、価値ある体験を経験することができます。