実は曖昧?求人票の募集要項と正しい見方とは


年齢制限は絶対的なもの?

しばしば35歳まで、40歳までと年齢制限をしている求人を見かけますが、その条件が全てであるとは限りません。大抵の企業は多少年齢制限をオーバーしても採用してくれますし、あくまで目安として捉えておけば問題ありません。ただし、応募人数が多ければ年齢で足切りされる可能性はあります。特に転職の場合は、過去の経験を活かせる職場であるならスキルで年齢制限をカバーすることも可能です。最初から年齢制限で諦めずに、気になる求人があったらとりあえず応募してみましょう。

知っておきたい勤務形態

フレックスタイム制や裁量労働制など、一般的な働き方とは異なる勤務形態を採用している企業も増えています。特に裁量労働制は、エンジニア職の求人に多い働き方なので、自分に適した働き方のできる求人を探しましょう。注意点として、裁量労働制は労働時間が決められていないことをいいことに、無理な労働を強いられる可能性もあります。裁量労働制を採用していて気になる企業がある場合は、口コミなどを入念にチェックして無茶な職場でないかをよくよく確認しておきましょう。

週休二日制という言葉に惑わされない

週休二日制と完全週休二日制は異なります。前者は一ヶ月に一度二日休めれば適用されますが、後者は毎週二日休むことができます。有名な区別ですが、意外と見落としやすいポイントでもあるので、キッチリ休みが欲しい方は完全週休二日制なのかどうかを確認しておきましょう。また、この二日の休みは必ずしも週末だけでなく、平日休みであってもカウントされます。

施工管理の求人を見つける場合、地元の求人雑誌を見る方法があります。通常、履歴書を送り面接を実施して職を得ます。